2006年04月03日

フォーエバージャパン

ファックジャパンです。
ものごっついさわやかな天気であります。
「今日は気持ちええ!」
電車の中でもバスの中でもそう叫びながら目的地まで移動しても、今日ぐらいは許されるのではないかと思ってしまいます。
しかし。
四季を味わい、桜を堪能しつつ、お茶会演劇に励み、お昼ご飯はうどんをすする。
近頃まさにザ・日本人な日々を送っているのであります。

posted by 衛星スタッフ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

思い出

ファックです。
四月になりました。
何かに入学したりした方、
おめでとうございます。

四月といえば「珠光の庵」も間もなく再び京都で上演させていただく月であります。
思えば京都誓願寺での初演以来、各地で上演させていただきまして、その土地その土地で様々な出会いをさせていただいております。
ありがたいことであります。
本番中のハプニングもこれまた各土地で様々ありました。

大阪では力みすぎて鼻血を大量に出してしまい、客席から悲鳴をちょうだいしたこともありました。
東京では本番中、結構強い地震が起きたりしてドキドキしました。
学校公演を行なった時、冒頭一分ぐらいのところで思いっきり下ネタを言って生徒さんから
「最悪や…」
「お前ここ高校やぞ」
等のおしかりを客席から本番中にちょうだいしたこともありました。
宇和島で上演した時は、一番若いお客さんでも50代、というこれまでに経験したこともないような客層のお客さんの前で上演させていただきました。
そういった経験も血となり、骨となっておると思います。
期待してお待ちください。
posted by 衛星スタッフ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

【枚方公演】インタビュー

ファックです。

枚方公演では、「京都チャンネル」の撮影もありまして、その中に、役者インタビューというのもあったんです。
「役作りについて」
「初めて台本をもらった時の感想」
「今後の目標」
など、たくさんの質問をされました。

ぼくは、終始ニヤニヤしながら伏し目がちに
「まぁ、あの、本番では、興奮しすぎて鼻血を出したりしないように気を付けて挑みたいです」
などといった頭の悪そうなことしか最後まで言えませんでした。
けれど、実際問題、本当に何度も本番中に興奮しすぎて鼻血を出してしまっているので、事実として毎回気を付けて本番に挑んでいるところが悲しいところです。
我ながらやれやれであります。
posted by 衛星スタッフ at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

観劇してきました

ファックジャパンです。
珠光の庵、4ヶ月連続公演。その最初の一月目を早くも終え
ぼくは今日、昨年の12月に劇団衛星の「大倍審」でご一緒した小松利昌さんが所属する
劇団☆世界一団の「心がわりエアポート」というお芝居を観てまいりました。

客席のお客さんが世界一団を求めていて、それにみんなが舞台でちゃんと応えている様が格好良かったです。

個人的にはやっぱり昨年ご一緒した時にたくさん聞かしてもらった「小松利昌ちょっと良いエピソード」のいくつかが盛り込まれていた、私小説風な小松さんの一人芝居場面がグッときた次第です。
posted by 衛星スタッフ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

枚方市内縦断

ファックです。
ぼくは先週、車に乗って枚方市内の各地に2月にやる珠光の庵のチラシを置きにいってきました。
だものでぼくはいま枚方市内にとても詳しくなっており、愛着も湧いております。
枚方は良いところです。
枚方市役所の人はとても親切でした。
共感を得てくれる人は少ないと思いますが、なんといっても朝のラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」のアシスタントをつとめるアナウンサーの秋吉恵美さんが住んでいるところなのであります。
どうしようもない豆情報を披露してしまいましたが、つまり枚方は良いところなのです。
光善寺はさらに趣きがあって良いところです。
ぼくはそれが言いたかったのであります。

posted by 衛星スタッフ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

明倫茶会

ファックです。
「明倫茶会」に出席してきました。
明倫茶会というのは、毎月ダンサーや美術館館長といった茶道関係者以外の異ジャンルの人間が席主をする事もある、少し変わったお茶会なのです。
今月の席主は、劇作家の松田正隆さんなのでした。
珠光の庵とはまた違う茶道演劇。
非常に良い経験をさせてもらいました。演劇を下賤な遊びと恥じるむきもありますが、
演劇とお茶、どうにもぼくは切りはなせぬ交わりを感じる次第なのであります。
けれど4、5時間くらいずっと正座していたので
足が…

posted by 衛星スタッフ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

猛稽古

ファックです。
昨日は東京珠光に向けてお芝居の練習をしました。
最初はいつものように演出家の蓮行さんがデビットボウイのモノマネをしてみんなの気分をやわらげてくれます。
蓮行さんがデビットボウイのモノマネをやりはじめてもう半年近くになりますが最近は似てる似てないを通り越した新たな領域に入ってきた感があります。
ぼくも蓮行さんのデビットボウイに負けないよう、自分に与えられた一休さんの役を自分のものにしたいです。

posted by 衛星スタッフ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

もうすぐ

image/jukou-2005-07-15T18:40:20-1.jpg
ファックです。
宇和島はとても良いところなのでぼくはもうメロメロであります。
椎茸・タバコ屋という今までにみた事もないお店にも行きました。
本番は今までの公演の中でも味わった事のない平均年齢の高い客層でありますので色々刺激的であります。
なんともう今から後20分後には本日2回目の本番であります。
緊張はピークに達しています。
頑張って良い本番にしたいと思っています。

posted by 衛星スタッフ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼ごはん

image/jukou-2005-07-15T13:24:03-1.jpg
ファックです。
四国二日目であります。
今日はいよいよお芝居の初日を迎えます。
緊張以外の何もありません。
そしてこれがぼくの今日のお昼ごはんです。
宇和島名物以外のなにものでもありません。
posted by 衛星スタッフ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

祇園祭りどころの騒ぎではない

image/jukou-2005-07-13T12:43:37-1.jpg
ファックです。
いよいよ京都はコンチキチーンの祇園祭りなわけでありますが、
今年のぼくはそんな盛り上がりにも一切乗っかる事はありません。
祇園祭りどころの騒ぎではない胸騒ぎがしておる今日なのであります。
といのもぼくは今日より京の都を立つのであります。
そして四国に初上陸するです。
そう、いよいよ珠光の庵が四国で上演するのであります。
今のぼくの胸中はそっちの方の盛り上がりが大部分を占めておるのです。
わずかに残っている胸中のスペースも、
今日のお昼ごはんのカレーうどんと玉子かけごはんが最高においしかった事に対する盛り上がりが占めてしまっているので、正直祇園祭りの出る幕はないような感じなのであります。
posted by 衛星スタッフ at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

今週は


ファックです。
今週はいよいよ四国に行きます。
という事はいよいよ珠光の庵の本番が近いわけなのであります。
もうこうなったらやるしかないやろうと、
腹をくくれるほどの胆力さんでもないのでいよいよ日々モソモソすると思います。
相変わらず天気も悪い。
室内で芝居の稽古をやるのに絶好のお天気なのであります。

posted by 衛星スタッフ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

あつい

ファックです。
思いがけず熱いものを触ってしまった時、例えば沸騰したてのヤカンをそうと知らずにさわってしまった時。
ぼくは、
「うぁああっ…つー」
と思わず口に出してしまいます。
でも本当に思わずなのは「うぁああっ」までで「つー」の部分は「熱い」に着地させようとしたのではないか。
と、最近考えるようになりました。
考えてみれば思いがけずに突然背中に氷を入れられたらどうなるかシミュレーションした処、
「ぅはぁっつ」
と思わず叫んでしまいました。
そしてその後、「ぅはぁっつ」の「つ」の部分をてがかりに、「つめたーい」と叫んだのでした。
やはり、つめたいに着地したがる自分がいたのです。
熱いものを突然さわると口は「あっ」となり、
つめたいものにふれると口は「つ」になるし、
「あつい」や「つめたい」に着地しやすくなるのだなと。
つまり何がいいたいのかというと、
「熱い」という単語が明日から「志村」に変わったとしてもしそれが何百年も定着したら熱いものを突然さわった時に口は自然とやはり着地しやすいように「し」になるのではないかという事です。
すると100年後に人間は熱いものにさわるとまるで大橋巨泉のように「うっしっし」と言うようになるのでしょうか。
大橋巨泉に罪はありませんが、そんな未来には何か希望が持てません。

posted by 衛星スタッフ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

ピンチ

ファックです。
とある人が言っていたのですが、
本番中にセリフを忘れてしまった時と、ニシキヘビが首に絡み付き締めつけてきた時にコレは死ぬかもしれないと思った感覚はとても似ていたそうなのであります。
どこが似ていたのかといえば、
おそらくその切羽詰まり度が似ていたのではないでしょうか。
確かにセリフが出てこなくてその日のお芝居がめちゃくちゃになってしまっても命まで取られるわけではなく、
大げさな話しといえば大げさな話しではあります。
けどそうなんです。
その時はやっぱり何か死ぬほど恐ろしいのです。
キューってなります、身体が。
それにしてもニシキヘビに首を締められて死にそうになるなんてそんな人ほんまに、しかもこんな身近におるんやと驚きました。
しかもその人は寝起きで締められたらしいです。

posted by 衛星スタッフ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

緊張感

今日の京都は晴れておりました。
不安な日々が毎日続いております、ファックです。
お芝居の本番というのは体力はもちろんですがそれ以上に気力の方を使いますので、
芝居が終わった後というのはもうヘトヘトのヘトりです。
無事終わったその晩は多少安堵したりして、でもその日あまり上手くいかなかったりした場面も気になったりして、でもやはりコテンと寝てしまいます。
目が覚めたらもうすぐに何時間後には本番なのか…。
という自分内カウントダウンが始まり、開演時間までに徐々に緊張が高まっていきます。
たまに緊張しない日もあるのですがそういう日には緊張しない自分の身体の緊張の緩みに段々緊張してくるので結局最終的には緊張してしまいます。
開演5分前などはもう緊張のピークであります。
特に初日なんてもう大変です。
目も眩みます。
キャパの広い男になりたい。
ドッシリと構えていたい。
そんな願いもむなしく、ぼくは今年の夏は毎日のようにドキドキするのでしょう。
チクショー。



posted by 衛星スタッフ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

お茶漬け


ファックです。
モヤモヤしております。
ハレバレしたいのですが、
ナカナカ難しいです。
何かこういう時には美味しい物を食べれば良いのかもしれないと、
思います。
美味しい物。
イロイロありますが、
なんでしょう。
モヤモヤしていて何が食べたいのか今いちハッキリしません。
えいこうなったらと思い、
お茶漬けを食べました。
サラサラとかきこんでいると、
ジンワリしてきました。
お茶漬け、
美味しい。
塩昆布を上にのっけて熱いお茶をかける。
それだけでとても美味しい。
しかしこのお茶漬けの美味しさというのは日によってあまりグッとこない時もあったりして、安定した物ではありません。
ナカナカ上手くは行きません。

posted by 衛星スタッフ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七夕


ファックです。
もうすぐ七夕です。
驚くべき事にまったくドキドキしません。
小学生の時はあんなに楽しみにしていたのに…。
でも何がそんなに楽しかったのか
やはり。
願い事はかなう、かもしれない。
ものなんだと。
思ってドキドキしていたのかもしれません。
という事は今ドキドキしないのは…。
いや。
というか恋人同士の2人が1年に1回出会える日。
というのが。
それがどないしてん!
と、思ってしま…。
いや。
何か。
ひがみっぽい事かいてる!
これではだめです。
少なくとも今からぼくは七夕に向けて盛り上がろう。
そうしよう。
と、思いました。
頑張れヒコボシ。
そしてオリヒメ。
ああ、でも漢字もわかりません。
いやいや。
漢字がなんや。
と強い意志で思う事にします。
漢字がなんや。
らいしゅういよいよしこくにじょうりくです。
よろしくおねがいします
漢字がなんや。
と、今日だけ思わして下さい。
すいません。

posted by 衛星スタッフ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

カサ事情


ファックです。
毎日、雨ばっかり降っております。
でもずっと降り続くというわけでもなく、一時的なものなのでついカサをわすれて置いてきてしまいがちな今日この頃。
気を付けなければなりません。
ぼくはただでさえカサをなくしてしまいやすいのです。
同じカサを半年以上持っていた事がありません。
雨が降るかもしれないと思い用心してカサを持って出掛けたら案の定電車に乗っている間に雨が降ってきました。
大雨です。
カサを持ってきていて良かった。
と思っていたのに電車にカサを忘れてきてしまうような男なんです、ぼくは。
その時はあまりにもカサを買うのが悔しくて情けなくてずぶ濡れになりました。
あの時は本当に悔しかったです。



posted by 衛星スタッフ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

7月

ファックです。
7月でございます。
暑いです。
弁当もさっぱりさを意識して作るようになった今日この頃。
やはり食べるべきはスイカなのではないでしょうか。
スイカ。
今26歳なのですがぼくにはまだ叶わぬ、しかし叶えてしまうのは何となく惜しいような気もする夢、
スイカを半円の状態で食べる。
というのがあります。
三日月じゃない、半円なんだと。
お皿いらずでスイカと対峙したいんだと。
こう願っておるのです。
2人でスイカ1玉をはんぶんこして食べる。食べ終わったらまた皮だけくっつけてまた元の丸の状態に戻して何となくニンマリする。
これはもう贅沢の極みであります。
もはや社長…いや会長クラスの家庭でしかありえないでしょう。
と、考えているだけで興奮してしまいました。
暑さのせいでしょうか。

posted by 衛星スタッフ at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

ファックです。
ぼくは阿久悠さんが好きです。
阿久悠さん作詞の曲はそれこそもう山のようにありますが、
中でもぼくのお気に入りは、
今話題のショーケンの「お前に惚れた」
鈴木ヒロミツがボーカルのモップス「朝まで待てない」
西田敏行最大のヒット曲「もしもピアノが弾けたなら」
の3曲です。
3曲とも湿ってて甘くて最高です。
「もしもピアノが弾けたなら」
なんて最高です。
「もしピアノ弾けたらこの想いをピアノ弾きながら君に歌って伝えねんけどなー、けどピアノ無いしなー。ていうかあってもオレそもそもそんなにピアノ弾かれへんっちゅうねん。ああ、空回りしてるわオレ」
という内容の歌です。
西田敏行がこれを切なく歌い上げるのですが、
聞いているとまずピアノの練習をしたらどうか。
と、つい思ってしまいます。
そう、この3曲の阿久悠さんの詩に出て来るのは決して甘い言葉などではなく、あまい男なのです。
それをメロディアスに苦しそうに切々と歌いあげられると、それでも色々な感情がわいてきたりするから歌は不思議です。
お芝居の本番前にかたくならないようにぼくは歌ったりして身体をほぐすほうなのですが、この3曲はそんな時に歌うといい塩梅に心地よくなれるのでよく歌います。
おそらく四国でもぼくは本番前にこの3曲のいずれかを歌う事だろうと思うのです。


posted by 衛星スタッフ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

ごはん

ファックです。
気がつけば悲しい事に、
あれだけごはん党であったぼくが近頃ごはん離れをおこしておるのです。
晩に家に帰ってもごはんを食べる事はなく、おかずだけを食べてコテンと寝てしまうのです。
こんな事は初めての出来事です。
絶対的ごはんありきのおかず主義であったこのぼくが、今日はごはんいらんと思ってしまうのです。
歳をとるというのはこういう事なのでしょうか…。
淋しい。
そして悲しいです。
ま。
朝と昼はガッチリごはんを食べておるんですが。
晩ご飯にいたってはもう一週間近くおかわりしていません。
残念でならない今日この頃なのであります。

posted by 衛星スタッフ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。